FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不自然な死(創元推理文庫/ドロシー・L・セイヤーズ/浅羽莢子)

ピーター。ウィムジィシリーズの第三長篇。

今回の興味はホワイダニットとハウダニットにある。なぜ? どうやって? と言う興味は尽きる所を知らない。
この作者は遺産相続系が好きなようだ。今回もその口なのだが、既に末期癌で死ぬのも時間の問題だった老婆が突然医者の想定より遙かに早く死亡するという事件、というか悲劇があった。
死因に疑わしい点はなく、その医者の見込みが間違えていただけだと思われた。その遺産は老婆が死ぬ前に考えていたように、多少複雑な関係のあった唯一の肉親とも言えた曾姪の娘に継がれることになった。
そもそもこれは事件でもなんでもなかったのだ。その不自然さに興味を持った有閑ウィムジィの眼に叶い、そしていつの間にかそのウィムジィやパーカー警部と言ったお馴染みの面子によって、事の存在が表面化していく。危険な罠も待ち受けていた。と言った展開。

リアルタイムで読めば、法律が絡む、なぜの興味も非常に深かったはずである。そのような時の悪戯が運命を悲劇的なものに変えていく。
ホワイについては現在の観点で読めば常識に近いことだが、当時としては斬新だったのだろう。
また英国の当時の物凄い人種偏見の認識やらもある意味興味深いと加えておく。
(2005年1月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。