Yの構図/光文社文庫/島田荘司

中学生のいじめ自殺問題を捉えた社会派ミステリ。
上野駅に同時に到達したのは、東北新幹線と上越新幹線の運んだ二人の死体。これは心中というのか!? しかし色々と妙な点もあり、しかも自殺事件の関係者であったのだから、疑われるのは自殺者の両親であったが…。
吉敷竹史シリーズだ。しかし謎としては余りの突飛さは、まぁ肯けない無い事はないが、その行動心理には全く肯けない。その力が発揮出来るのなら、そもそもこんな事件は起こるわけがない。と言う事で、いくらかの修正があってしかるべきではないかと思われた。わずかな修正だ。
(2002年6月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード