FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天狗の面/角川文庫/土屋隆夫

土屋隆夫の第一長篇で当然、本格ある。
滑稽とも言える田舎の農村を舞台に繰り広げられる連続殺人事件。それは天狗教ともいうべき新興宗教に絡んで発生した。
トリックはそれ程ではない気もするが、異様な構成と盲点が面白い。個人的には甲賀三郎の「羅馬の酒器」が引用されているのが嬉しい。ただこれを含めて毒殺講義は少し注意が必要だろう。 (2001年10月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。