積木の塔/角川文庫/鮎川哲也

鬼貫・丹那が最初の方から登場。本格ミステリであるが、動機部分は社会派的だ。鉄道を使ったアリバイ崩しもので福岡~広島・東京を舞台にする。
(2000年11月読了)
麹町(千代田区)、博多(福岡市)、廿日市市などが序盤から舞台として登場
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード