聖者の行進(創元SF文庫/アイザック・アシモフ/池央耿)

イメージを利用した詩「男盛り」、女ロボットの直観から移住可能な惑星を見付けるという計画で、スーザン・カルヴィンの推理も冴える「女の直観」、
月世界の住人が深海世界を訪れたその理由とは? そして美事なる切り返しが面白い「ウォータークラップ」、
ロボット工学三原則で言う人間とは何かを示す問題作「心にかけられたる者」、
真の兄弟がありえない時代の奇妙な連携「天国の異邦人」、
コンピュータに支配される人間世界で、最後の言葉が末恐ろしい「マルチバックの生涯とその時代」、
食糧供給が人口増に追いつけなくなり密かに篩い分けをする計画が持ち上がったと言う設定で、発明者が施した意外な策「篩い分け」、
自由ロボットとなったアンドリューの究極の願望と、その実行への決意。原本の表題作「バイセンテニアル・マン」、
癒しの音楽で狂気を緩和する「聖者の行進」、
絶体絶命の中、ブラックホールを利用した通信手段のアイデア「前世紀の遺物」、
大統領の影武者ロボットが原子分解されるという事件なのか?「三百年祭事件」、
ユニークなタイムマシンもの「発想の誕生」を収録。
どれも面白い短篇集だ。
(2003年7月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード