火車と死者 /角川文庫/高木彬光

神津恭介シリーズの長篇探偵小説。
最初こそ怪奇性に溢れて興味深くあったが、終わってみればどうも今一つ。話がどうも神津長篇らしくないのだ。
(2000年12月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

  元々が短編でしたから、全体的に物足りない感じの仕上がりも無理ないですね、この作品は。
 悪い言い方をすると「水増長編化」ですから、全体的にダレた感じが強く、そのため神津物らしくない印象になっているかも知れませんね。
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード