スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大下宇陀児探偵小説選Ⅱ/大下宇陀児/論創社

#大下宇陀児探偵小説選Ⅱ ( #論創社 )をようやくちゃんと読み終わった。ネタバレなしの感想を少々。 大学時代に #新青年復刻版 で初出の連載として読んで以来の 人が生き生きしてる #鉄の舌 などの作品群。悲劇的なシニカルな味がたまらない #悪女 と SFと怪奇が絶妙なこの恋愛物を #昭和15年に出したという意味でも #宇宙線の情熱 などの短編も収録。この二つは #変格物 の #戦前の探偵小説 として傑作だと思う。 そして我が #甲賀三郎探偵小説選Ⅲ の解題でも触れた #甲賀三郎 の探偵小説論争の嚆矢ともなったと言える #魔人論争 や #馬の角論争 も評論編に収録されている。デビュー前にはお固い役所の同じ職場の同僚だったのに、水と油のような作風の違いがありながら、評論随筆などにおいて、甲賀三郎亡き後の戦後においても、甲賀三郎に触れてくれるのは #大下宇陀児 の人柄だろう。 #探偵小説 #戦前の小説 #新青年 #江戸川乱歩、甲賀三郎と並んで三羽烏 #横井司

あいなっと inatさん(@inatinatinat)がシェアした投稿 -



5年ほど前に出た大下宇陀児の本。評論随筆編は先の甲賀三郎探偵小説選Ⅲの解題を書くときに読み直したが、小説編はおざなりになっていた。「金口の巻煙草」にせよ、「鉄の舌」にせよ、大学時代に新青年復刻版などで読んでいるというのもある。

ただ今回再読してみて、「鉄の舌」が偏った性格ながらしっかり人物が描かれた上で読める作品だと再認識。ただ色々考えてのことというのはわかるが終わり方は最悪に近いと思ってしまったので評価は微妙になってしまう。

本作品集では「悪女」が短編としての完成度の高さでは一番だと思う。タイトルと序盤の展開からすればあまりにも悲しい物語だ。そしてへんてこなものだがSF怪奇の「宇宙線の情熱」も素晴らしい。大正末期から昭和初期を思わせる展開なのに昭和15年にこれが書けるところが素晴らしいというのもある。時代を感じさせるだけの「祖母」との並びがそう思わせるのかもしれない。

「嘘つきアパート」も「悪女」に近い味がありなかなか悪くないが不自然さが目立つのが欠点か。その前の「三時間の悪魔」とも似ているのがまた面白いところか。「欠伸する悪魔」やらやらはコメントが難しいが面白いと思えなかった。冤罪じゃないらしくて良かったって順番と呪いが違和感。

評論編は甲賀三郎との論争の「「魔人」論争」と「馬の角論争」が興味深く読める。当時の探偵小説の考え方、乱歩・甲賀・宇陀児で三羽烏と呼ばれた戦前の代表作家においての考え方の大きな相違があったことを知ることができる。他も探偵小説黎明期から戦後にかけての興味深い評論随筆ばかりなので面白いといえる。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。