密室殺人ゲーム2.0/歌野晶午/講談社文庫



裏表紙の説明書きの次の通り

あの殺人ゲームが帰ってきた! ネット上で繰り広げられる奇妙な推理合戦。その凝りに凝った殺人トリックは全て、五人のゲーマーによって実際に行われたものだった。トリック重視の殺人、被害者なんて誰でもいい。名探偵でありながら殺人鬼でもある五人を襲う。驚愕の結末とは。<本格ミステリ大賞受賞作>

そもそも前回の続編ってどういうこと? ってところから始まる。その疑問が強いだけに、その前回の印象が強いだけに、小説としては完全にだまされていたとも言える。
そして鬼畜犯罪者が探偵役も務めるからキャラに感情移入もするわけだが、その複雑なこと。この気持ち悪いまでに奇妙なのに魅力あるキャラ達が不可思議なのだ。前回のようなこともなく、今回ばかりは想像を絶する殺人ゲームのまでに絶句するしかなかった。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード