Dの殺人事件、まことに恐ろしきは/歌野晶午/角川書店

江戸川乱歩の小説を現在風にオマージュした歌野晶午の短編集ということなのだろう。
どうにも味付けがおかしな方向へ行ってる点も気になる作品があるが、いくつかは上手くいっている。

「椅子? 人間!」は乱歩「人間椅子」に対する歌野の回答。人間椅子の活用という意味ではオマージュ度は高いが、「人間椅子」に対してはオマージュ度はとても低いと言える。恨みつらみの結果、女流作家に仕掛けたおそるべき罠。
これは結末は見せる必要はなかったのではないか。

「スマホと旅する男」は乱歩「押絵と旅する男」に対するオマージュ度は最低レベルと言ってもいい。何もわかっていないということはないだろうから、わざとなのだろうが、どうにも不快なのは、私の性分なのかもしれないが。スマホに人工知能を植え付け、それと旅している男と思いきや、それすらも達成できていない。
なぜ次元が異ならせたのか理解に苦しむ設定であった。異次元的な効果だけ借りようとしても全く詮無いことでナンセンスだ。 そもそも本作品集でもっとも最悪なのが、この手のIT技術系の作品としてしまうのは、興ざめというしかない。
「蟲」モチーフ作品ならば、良作と思えただけに残念なところか。

「Dの殺人事件、まことに恐ろしきは」は「D坂の殺人事件」に対するオマージュが良い感じに溶け込んでいる作品。
少年を相棒にして、その少年が事件の軸となるところが効果的となっているのだが、下手な推理は身を破滅させるということだ。

「「お勢登場」を読んだ男」はオマージュ度がもっとも高い作品とも言え、下手な小細工も存在せず、乱歩ファンとしてはもっとも楽しめた作品といえる。
そのまま現在の「お勢登場」すぎてニヤリとしてしまうが、発見の段がなかったのは痛恨の誤りだろう。あれがないと「お勢登場」とは言えない。

「赤い部屋はいかにリフォームされたか?」は舞台で「赤い部屋」を演じて、演じて、よもやの展開になる作品。
読ませる作品ではあるが、まるでコントのような作品になっている。もっともあれがないと締まらないのも確か。

「陰獣幻戯」は「陰獣」+「化人幻戯」なのだろうが、設定自体の安っぽさはあるものの、印象づける伏線ゆえに仕方ないのか。 それゆえに寒川と大江春泥どちらも存在しないDMの主の正体が暴露するところから終末までは一気呵成だ。

「人でなしの恋からはじまる物語」は、まさにタイトルの通りなのだが、これも「人でなしの恋」の部分があまりにも力業で どうにもいただけない。現在のリアリティになっていない。どういうことだよ、とその人でなしの恋になってしまう闇に興味が向くではないか。
後半は灰色の中の微笑み、悪くはないが、強烈な物語を期待している中では落ち着いた終わり方。まぁ悪くはないが、ともう一度。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード