スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横溝正史探偵小説選Ⅴ/横溝正史/論創社

ちょっと一般人に勧めるにはあまりにもマニアックにすぎる作品集。まぁそういう数ある横溝作品の中でも いまだに日の目を見ていなかった作品を発掘して載せているのだから必然といえる。

冒頭作「探偵小僧」は圧倒的なスピーディさで事件が次から次へと起こる三津木俊助と御子柴進もので、びゃくろう仮面との対決となっている。
本書にも収録されているように、この展開の速さを自然に受け入れられるのが挿絵であり、実に効果的だ。その効果をこうして単行本に持ち込めたことは大きな成果と言える。

「仮面の怪賊」、「王冠のゆくえ」、「十二時前後」、そしてこれがまた異色すぎてビックリすることも忘れてしまう「博愛の天使 ナイチンゲール」 雑誌連載版「不死蝶」、未完作品集として「女怪」、「猫眼石の秘密」、「神の矢」、「失はれた影」。
未完作品の中では惜しまれるのが「神の矢」だ。あああ、由利先生を観たかったというミーハーな理由ではあるが。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。