スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングを探せ/法月綸太郎/講談社文庫

まずこんなにオーソドックスで実に読ませる本格探偵小説が読めて幸福感に浸れることも珍しい。

トランプで役割を決める4重交換殺人の話し合いからはじまる本編。
まずは主人公となるのは交換殺人者たちだ。
続いてお馴染みの法月父子が出てくるという流れ。

まず感情移入できるのは、殺人者の夢の島。皮肉なことに彼らは生き生きと描かれ、「まず」では済まないものを作品に与えてくれた。感情移入できるように作者に作られたのも頷けるし、それほど緻密なのだ。

結局4重交換殺人はある罠から露見してしまい、トランプの役割を持った殺人者達は追い詰められていく。
さて法月綸太郎の推理はどのように冴え渡り、殺人者の欺瞞を見破っただろうか。

アクシデントも含めて、犯人と探偵のスリリングな頭脳戦。ロジックに寸分の隙も見当たらない美しい芸術作品の様相。この本を読み終えた時はあまりの美事な探偵小説とばかりに、酔いしれてしまっていることだろう。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。