奇譚を売る店/芦辺拓/光文社文庫

本格探偵作家の芦辺氏の贈る変格探偵小説。6つの短編による短編集。

どの作品も妙味あふれる変格であり、引き込まれ驚かされることになるのだが、全てが何らかの形で最後の表題作に繋がっている恐るべき作品集だ。


芦辺氏自身を思わせる登場人物などが出てくるところも興味深い。


どの作品も古本屋に通って、思わずまた本を買ってしまうと言う展開ではじまるのだが、これまたそういう時期があったワシ的にはとても共感できる内容となっている。


『帝都脳病院入院案内』『這い寄る影』『こちらX探偵局/怪人幽鬼博士の巻』『青髯城殺人事件 映画化関係綴』『時の劇場・前後篇』『奇譚を売る店』
の6篇を収録。


特に引き込まれたのがこれまた文字通りの緑色治療所での「帝都」、子供の頃読んだ漫画、そして虚構と現実がダイレクトで最後もビックリ「こちらX」、最後の表題作といったところか。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード