スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノックス・マシン/法月綸太郎/角川文庫

2014年のこのミス1位という帯。法月綸太郎シリーズではなく、表題作を中心とした驚異の本格SFの中短編集だった。
いずれにせよ、SF的素養と欧米の黄金時代本格探偵小説の知識が無いと楽しめないというマニア向けの作品集となっている。

「ノックス・マシン」は「陸橋殺人事件」で有名なノックスの十戒が取り上げられた近未来SF。

近未来では、数理文学解析により物語が自動生成されるようになっていた。そんな中、ユアン・チンルウは 第5項の差別的で政治的問題になっていた「探偵小説には中国人を出してはならない」という条項を研究し、 ついにはNo Chainamanの理論に行き着き、それが史上初の夢の双方向タイムトラベル成功に繋がるというのだが?

表題作にして圧倒的なSFと本格ミステリの融合の前に驚異の息を呑むしかないだろう。


「引き立て役倶楽部の陰謀」はポワロのワトスン役ヘイスティングス大尉を主役にした物語。そのまんま ワトスン会長を初めとした引き立て役たちの会合での恐るべきクリスティへの糾弾をテーマにしたパロディ。
ここではヴァンダインの探偵小説作法二十則やクリスティ誘拐事件との絡みが面白い。


「バベルの牢獄」。なんだこれは?というような笑劇のラストだが、読むのがしんどい割に笑うしかないところが、それでも面白い。


「論理の蒸発――ノックスマシン2」は表題作の続編。こちらはブラッドベリの華氏451度とクイーンの国名シリーズの読者へ挑戦を 取り上げた作品。表題作ほどではないが、同じ流れを楽しめる。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。