怪盗グリフィン絶体絶命/法月綸太郎/講談社文庫

怪盗グリフィンに依頼が不可思議な依頼が来た。 ニューヨーク・メトロポリタン美術館所蔵のゴッホが贋作だから、それを本物とすり替えて欲しいというのだ。 そして更にはそこから発展して、カリブ海に浮かぶボコノン共和国の曰く付きの呪いの土偶を盗まねばならない状況に追い込まれてしまうのだ。 果たして、陰謀の中の真実と虚構とはいかなるものだったか。

子供向けのユーモアあふれる設定の冒険活劇ながらも本格ミステリとしての論理性もまさに法月綸太郎らしく十分であり、 二転三転し続けるような意外や意外の展開に驚かされて楽しめる作品。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード