スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹果て村の秘密/有栖川有栖/講談社文庫

元がジュブナイルということだけあり、なによりも心地よく読後感もさわやかそのもののオーソドックスな本格ミステリだ。

母親がミステリ作家の優希(ユー)は小学6年生。将来は刑事志望なのだが、夏休みに母親の故郷であり別荘がある地である虹果て村を訪れていた。同行者は級友で父親が刑事、ミステリ作家志望の秀介のみ。 母親は遅れてやっってくる予定だったものの、仕事+台風などのために作品には登場できなかったが、多くの名言を残してくれたため、解説でも 触れられているように印象は深い。

虹果て村は虹にまつわる伝説の多い地である。そこでは高速道路建設を巡って、賛成派と反対派が争うという状況となっていた。 そうした最中、反対派の一人が殺害される。状況は密室。ダイイングメッセージ付きだ。怪しい賛成派にはアリバイのものも多かった。 ユーと秀介は協力して事件の謎を解き明かそうとするが。。。という展開。

上記のようにアリバイ、密室、ダイイングメッセージといった本格ミステリの基本を為す要素が古典的なオーソドックスな形で活用されているのが 本書の優れたところ。犯人当ての推理は十二分に楽しめるだろう。元が本格ミステリ初心者を対象にしているので当たり前なのだが、この古典的手法というのがファンにとっても 非常に喜ばしい形式でもあり、時には望まれる形なのだった。

本格ミステリ初心者には入門編として是非お勧めしたい一書だ。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。