FC2ブログ

すべてがFになる/講談社文庫/森博嗣

5年以上前から読みたいと思っていたが、ついつい今日まで放置してしまっていた。内容は申し分がない面白さだった。ただこの手の仕事(ソフト業界)に従事しているせいか、タイトルの示唆自体にはそれほどの衝撃は抱かなかった。ただ最初から過剰なまでにキーワードを出しているんだからまぁフェアプレイと言えるのだろう。

かつて両親を殺害した天才が誰1人として顔をあわせずに生活している研究所。研究所所員自体も外の世界はおろか、ほとんどが同じ建物に住みながらも顔を合わせることは滅多にないという異常な空間。天才が密室で異常な状態で殺害されるという流れで、期せずして犯罪に巻きこまれた主人公の女学生と助教授という展開になっている。

このシリーズには興味を持ったのは事実である。可能な限りは読み進めたいところだ。
(2007年3月読了)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード