スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久生十蘭「従軍日記」/久生十蘭/講談社文庫

決して久生十蘭ファンというわけでもないが、江戸川乱歩の同時代作家、新青年作家というところで 昔から注目はしていた。その中でも小説ではなく、本書を手にしたというのは 大東亜戦争時の従軍記者について知りたいという気持ちも働いたからである。

目次は以下の通りとなる。
第1章 日本・爪哇(自昭和十八年二月二十四日 至昭和十八年四月二十二日)
第2章 サランガン湖畔(自昭和十八年四月二十二日 至昭和十八年六月一日)
第3章 出発まで(自昭和十八年六月二日 至昭和十八年七月十二日)
第4章 チモール島クーパン警備隊(自昭和十八年七月十三日 至昭和十八年八月四日)
第5章 アンボン島第一砲台(自昭和十八年八月四日 至昭和十八年八月十二日)
第6章 ハロンの航空隊(自昭和十八年八月十三日 至昭和十八年八月二十日)
第7章 ニュウギニアにて(自昭和十八年八月二十日 至昭和十八年九月一日)
第8章 第九三四海軍航空隊(自昭和十八年九月一日 至昭和十八年九月九日)

最初の三章は、これでいいのか、と突っ込まずにいられなくなるくらい、これは自然体? それとも何か外地に酔ってるのか? しかしそれでも これが外地の戦地から離れた場所での実情だったのだろう。覚悟が空回りすぎた日常がある意味、真実を教えてくれる。

中盤以降はまるで別物のような緊張感に包まれ、従軍記者とはこれほどだったのかという様相が凄まじいまでの覚悟が鬼気迫る、それでも素直な文体で記録されており興味深い。


関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。