スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベルタスの寓話/島田荘司/講談社文庫

表題作の「リベルタスの寓話」と「クロアチア人の手」という二つの中編を収録。
どちらも記憶に新しいユーゴスラビア紛争を題材とした作品となっており、決して忘れてはならない人類のおぞましい姿を露わにする。それでも御手洗潔活躍の本格ミステリだ。

「クロアチア人の手」は日本にやってきた俳句国際選手権の優秀な二人のクロアチア人が主役。二人は日本人から見れば仲良しに見えたが、密室状態でピラニアの入った水槽に顔を突っ込み死んでいるという不可思議な事件で一人が殺害され、殺人者と思われる一方は爆発事故で死んだため、密室トリックがわからないという事件。石岡和己は欧州にいる御手洗潔に電話連絡しつつ何とか謎を解こうとするが・・・。

密室トリックとしては、よくあるパターンとも言えるが、まるでスタンド能力のような殺害方法は奇抜。ただこのような手を簡単に操作出来るというなら健常者でも欲しくなる手でも言えるが?


「リベルタスの寓話」は中世の平等都市ラグーザ共和国、現クロアチアのドゥブルニクを題材とした作品。
セルビア人、モスリム人が凄惨な殺され方をした。その死体たるや首や性器が切断はもちろん、そのうちの1人については内臓も心臓を除いてすべて取り除かれており、代わりに電球などありきたりなものが詰め込まれていたのだ。部屋中の大量のPCも破壊され尽くしていた。犯人は戦争の怨みからクロアチア人の男に違いないと見られたが、血液型が異なるという鉄壁の反証があった。NATO(米軍)からの要請に御手洗潔が挑む。絶対に間違うことが許されない容疑者拿捕という緊張感。

一見意味のない異常犯罪と思わせながらも、WHYを突き詰めて行き、回答に行き着くところはさすがといえる本格ミステリ。
オンラインゲームの闇も絡めて、戦争の資金集めに利用される一見すると平和主義の日本国民。
全体的に恐ろしく暗い話だが、あのボスニア・ヘルツェゴビナ紛争に明るさなどあるわけもない。古代から全く変わってない残忍な人間が恐くなってくる。


関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。