The Book(ジョジョの奇妙な冒険第4部外伝)/乙一/集英社

実に4年以上放置していた本をようやく読んだ。
最近他のノベライズ版などが登場していたことによって、本を存在を思い出したのだ。

ジョジョの奇妙な冒険第4部の外伝作品である。
「The Book」というのは主人公のスタンドの名前。終盤にようやく命名されることになったが、まさに小説版に相応しい能力となっている。
一端を記せば、主人公の全ての記憶が私小説のように記録されるというものであり、 その能力ゆえか、主人公は能力に気づく前も、孤児院で育った幼児期から驚異的な記憶力を誇っていた。

4部の外伝というだけあり、東方仗助、広瀬康一、虹村億泰、岸辺露伴などの主要キャラはそろい踏みでそれぞれ活躍をしてくれる。 特に戦闘シーンの描写を含めて億泰の活躍ぶりは期待以上と言ってもいいだろう。
むろんキャラの特性を生かした描写なので、それぞれのキャラに対して違和感もほとんど感じることは無かった。
プロットはジョジョの奇妙な冒険らしい、読者にも十分に感情移入可能な現実と非現実の狭間のホラー、奇妙な怪奇が因縁となっており、 広瀬康一と岸辺露伴が血まみれの猫を発見するところから動き出す。

作者のジョジョ原作愛に満ちた小ネタなども楽しく、ジョジョファンを十分楽しませてくれる作品となっている。


一度記事が消えたのでかなり簡略化した内容になってしまったが、とにかくジョジョ4部ファンなら読んで損がない作品なので、お勧めしたい。


関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード