スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝶と処方箋/蘭郁二郎

 「新青年」昭和13年12月号発表の作品。

色眼鏡をかけてソワソワ周囲を伺いながら不思議な行動を取る女性に気を取られつつも 手に入れたのは不思議な処方箋の書かれた紙片。薬の処方箋としてはデタラメなことから解読してみると、恐るべき暗号文のようなのだ。 しかし果たして不思議な落とし主の女性の宅は蝶だらけのマニアックさ。このあべこべはいかなるものか?

ユーモア味あふれる暗号小説で、蘭郁二郎らしい女性とのやり取りもまた楽しい。

なお現在、ミステリー文学資料館編の光文社文庫『悪魔黙示録「新青年」一九三八』などで読むことが可能となっている。
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。