スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュプールは語る/瀬下耽

1949年1月28日発行の「探偵趣味」に掲載された短編。
瀬下耽の戦後物の作品の一つであり、これも論創社「瀬下耽探偵小説選」で容易に読むことが出来る。

冒頭、男女の諍いからアッパーカットで女を殺してしまった主人公は、何とかして完全犯罪を成り立たせるために、女を事故死に見せかけようとするという倒叙物探偵小説である。
シュプールとはスキーの滑走跡のことであり、衝撃的に現れた遺族の推理がさえ渡るのである。
男女の葛藤も冒頭一瞬で終了することもあり、瀬下耽らしさという点では希薄のように感じてしまった。

関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。