スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員法廷/芦辺拓/文春文庫

文庫本の適度な薄さという点は持ち歩けると言う点で大きな利点である。作者で選ぶというのもあるが、この本を購入した理由は気軽に読めそうだったという点が大きい。読書スタイルの状況は日々変わるのだ。

とにかくも本書は裁判員制度を取り上げた本邦初のミステリということ。
裁判の様子や流れがわかりやすく描写されている点は素晴らしい。裁判員裁判に漠然とした興味を持っているならば手にとってみるといいかもしれない。
ちなみに、おなじみの森江春策が本業の弁護士として裁判員裁判で活躍する様をみることが出来る。

収録作品については、次の通り。
(実は各作品の感想を用意していたのだが、本作のようなタイプの連作短編ではちょっと不相応なものになりそうなので止めておく。)

・審理
「返り血らしきものを浴びた男が被告人、殺人事件を巡る裁判は裁判員制度下で行われた。
表面に現れた証拠等は検事側優位に思えたが、各人の証言の果てに森江春策が出した奇策とは?。正直、台無しさを感じてしまった読後感。」

・評議
「森江春策の用意した証言者は現れず、被告人は有罪のままと思われた。裁判員と裁判官が森江の筋書きを辿るという流れ。これも現実をふまえると、別の意味で台無しさを感じてしまう読後感」

・自白
「被告人が自白してしまっている中を森江が弁護するという展開。連作短編らしい叙述トリックは卑怯な気もするが意表を突く見事なものだった」

この本に限らず、著者の芦辺拓氏の本のお得なところは、著者の後書きが多分に付いているところだろう。
実際のところ、ほとんどの本には著者自身による後書きなどが付いていない中で、これは非常に嬉しいサービスといえる。
(「審理」と「評議」が示す表裏一体で面白いながらも台無しさも感じる読後感に対する説明にもなっていた。)


関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。