春の声/麻耶雄嵩

春の声 奈良の上流家庭の娘は祖父から選ばれた3人の婿候補から結婚相手を選ぶ必要があった。
3つの殺人事件が起こり、貴族探偵と3人の従僕達(執事、小間使い、運転手)が貴族探偵からそれぞれ分担指示を受けて活躍する。
麻耶らしい奇妙な本格探偵小説としてのとしては薄味だが、全員集合という点でこの本のラストを飾るには相応しい。


本作は以下の集英社の単行本「貴族探偵」の収録されている一篇となっている。収録本そのものの感想はこちらにまとめておいた

関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード