スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルカトルかく語りき/麻耶雄嵩/講談社ノベルス

学生のころにもっともお気に入りの現代作家の一人だった麻耶雄嵩の短編集。
文庫本の絶版具合も手伝って、いつの間に消えてしまったのかなと心配していたが、ここ数年は積極的な活動を再開している模様でうれしい限りだ。
本作は在りし日のメルカトル鮎シリーズの短編集となっている。
メルカトル鮎は銘探偵はタキシードとシルクハットの出で立ちで、この世の悪意を固めたような頭脳明晰なキャラクター。
語り手でワトスン役の美袋三条も健在であり、非人の扱いを受けているのも相変わらずだ。

収録作品別に記事に分けるが、次のようになっている。各感想ページのリンクも張っておく。
「死人を起こす」
「九州旅行」
「収束」
「答えのない絵本」
「密室荘」

統一したテーマは犯人当て本格探偵小説への挑戦だろう。メルカトル鮎の導き出す犯人には普通では味わえない種類の驚きをもたらしてくれるのだ。

関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。