スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収束/麻耶雄嵩

<梗概>
新興宗教団体は孤島で共同生活を送っていた。宗主と五人の信者と二人の使用人の八人である。宗主に祝福の書なる聖典が狙われているということで、内密の探偵として招かれたメルカトル鮎と美袋三条だったが、その矢先に宗主が殺害されてしまった...。


<感想>
冒頭で語られる3つの殺人事件と最終的に示すメルカトル鮎の示す推理。
推理に至るまでの展開もさることながら、この冒頭と結末の奇妙なリンク具合が秀逸な作品。
読後感は美袋君同様に最悪かもしれないが。

本作は以下の講談社ノベルス「メルカトルかく語りき」の収録されている一篇となっている。本そのものの感想ページはこちら。



関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。