殺人液の話/渡辺啓助

殺人液の話/渡辺啓助

渡辺啓助、「新青年」昭和12年6月号発表の短篇。
満州に行っている息子の知人というのが、殺人液なるものを息子が発明し、更にその資金が要ると言ってきたという。その真偽はかなり疑わしいものだが、とりあえず小金で追い返すも、残ったるは殺人液の瓶。それを中心に下宿のおかみである主人公の心理が微妙に変化していくのだ。まぁまぁの作品だが、啓助らしい感じはあまりしない作品だと言えるだろう。さて、殺人液と三十円札の秘密はいかなるものだったか!? 
なお現在読める本は無いと思われる。
(2002/10/31初出[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード