血蝙蝠/渡辺啓助

血蝙蝠/渡辺啓助

渡辺啓助、「新青年」昭和12年2月号発表の短篇。
十五歳の少年はハッキリこの種の不思議な物音を楽しんだに違いなかった、深夜の小学校校舎。遊びで忍び込むがそこには悲しくも縁がなかったという憧れがあった。不断から暗闇を好み夜は明らかに元気になる不可思議な匂いだった。三日連続の小学校の闇蝙蝠遊には、しかし恐るべき罠が待っていたのだ。ああっ、血の悪霊よ。それに悪意が有るから邪なのだ。決して蝙蝠でない。
なお現在、国書刊行会「聖悪魔」等で読める。
(2002/5/8初出[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード