決闘記/渡辺啓助

決闘記/渡辺啓助

渡辺啓助、「新青年」昭和12年5月号発表短篇。
無力対暴力の決闘、その予想をも超えた結末にはスタンバイの葬送曲すらも鳴り出さない。殴られて怪我を負っても無力は与論の力を借りる事は無かったのだ。力で負ければ弱い方は泣き寝入りをするしか無いというのだ。にもかかわらず暴力のファッショを刺激し、大金を提供するという謎の行動。一体何を示すと言うのだろうか! そして恐るべき陥穽とは!? 
なお現在気軽に読める本はない。数年前まではちくま文庫「渡辺啓助集」等で読む事が可能だったが、現在品切れ中のようである。
(2003/9/25初出[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード