嘘/渡辺温

嘘/渡辺温

渡辺温、「新青年」昭和2年3月号掲載の短篇。
嘘話の話比べをする会で、主人公井深君が話し出した。それがローマンスな嘘の話であった。まさに嘘のローマンスの応酬でなかなかユーモラスな結末だ。銀座の散歩を日課にしている井深君、不躾で奇妙な不良少女に出会う事になるが、ひょんな事から、カフェでお食事をする事になった。そこで井深君、外套を買うお金を提供しようかと思ったが、それがユーモラスに展開していくのである。さて、その果てにある結末とは!? 
なお現在、博文館新社「叢書新青年・渡辺温」等で読める。
(2002/8/18初出[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード