スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔像/蘭郁二郎

魔像/蘭郁二郎

初期・蘭郁二郎の誇る怪奇犯罪短篇の大傑作。
狂気への過程が描かれていき、それはラストの章で爆発する。恐ろしき写真師の絶大なる悪魔の美学がここにある。趣味も高じては魂も腐り果てる。いや肉体までもその悪魔の美学の対象対象物だ。まだそれでは甘い甘い。一歩先を行く恐るべき伏線がそこにはある。その結果が魔像の対象だ!先にも書いたが、原題は「恐ろしき写真師」と言う。
なお現在、国書刊行会「火星の魔術師」等で読む事が可能である。
(2001/10/22初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。