黄色いスイトピー/蘭郁二郎

黄色いスイトピー/蘭郁二郎

蘭郁二郎、「新青年」昭和13年7月増刊号に掲載。
三年ぶりに再会した二人、主人公は農園をしていて、現状有り得ない黄色いスイトピーを開発したから、と誘われたので、行ってみると熱帯庭園は素晴らしい物だった。しかし・・・思わずも、その盗難事件に遭遇してしまうのだ。大金等をかけた大事業だけにショックを受ける農園主の友人、容疑者も次から次へと挙がっていくが、実に、その裏には切実なる反対の動機を隠されていたのである。珍しき本格物。
なお、現在読める本は無くなってしまった模様
(2002/3/23初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード