FC2ブログ

ふたたび赤い悪夢/講談社文庫/法月綸太郎

「頼子のために」の完全なる続編。

他、クイーンの「九尾の猫」などのネタバレもあり。

80年代のアイドル全盛期の命脈が尽きようとしていた90年代初頭の話で、大手プロダクションと、零細芸能プロダクションの期待のアイドルが絡んだ事件。

殺人者の血の呪縛と、殺してしまったはずが生きていて、生きていたはずなのに殺されている不思議。
絶体絶命に追い込まれたアイドルに、「頼子のために」後遺症が痛々しい綸太郎が挑まねばならなくなってしまったのだが、さて現在の容疑と過去の呪縛といかに闘っていけたのだろうかと言う展開。くどすぎる内容と伴わない精神状態、あまりに安易な展開に感銘は薄い。これらの点では「頼子のために」の方が随分上に思える。
(2004年5月読了)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード