スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首吊り三代記/横溝正史

首吊り三代記/横溝正史

横溝正史、「探偵」昭和6年5月号発表短篇。
忌むべき妄想。それを意識しだした時、主人公に残された運命は決定されていたのかも知れなかった。祖父と親父が首吊りで死亡しているという事実。不断の彼ならこのような事を気にするものではなかったが、妻の死等精神的に神経衰弱に陥っていた時に更に刺激的な新聞記事を目にしてしまい、とうとう悪魔は囁いてしまったのだ。悪い時には重なる物で、彼が上がる階段はまさに首吊りへ一直線だったのだろうか。
なお現在、角川文庫「喘ぎ泣く死美人」で読む事が出来る。
(2002/7/3初出[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。