スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三十の顔を持った男/横溝正史

三十の顔を持った男/横溝正史

横溝正史、「新青年」昭和12年5月号発表の通俗短篇。
帝都二大新聞は激しく相競い争っていたのだが、そんな中、一方の新聞社が考案したのが、人間カメレオン鮫島勘太による懸賞企画であり、その三十の顔を持った男を見つけだすという企画を立てたのだった。しかしその勘太が殺されるに及んで事件はややこしくなってくるのだ。更には誘拐事件の発生。思いっきり通俗的な筋であるし、話も大したものではない。
なお現在、恐らくは読める本は無いと思われる。
(2003/9/25初出[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。