スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焙烙の刑/横溝正史

焙烙の刑/横溝正史

横溝正史、昭和12年1月の「サンデー毎日」に掲載短篇。
由利先生、三津木俊助物である。
映画俳優の主人公は顔馴染みの夫人に同情していた。と言うのもその夫が異常性格者であるからである。そしてその夫からと言う奇妙な手紙を受け取った主人公。そしてその奇怪な言いつけを守ると、たどり着いた場所ではその夫が脅迫の下に囚われていたのだが…、さて。この物語に潜む恐るべき嫉妬の炎の脅威とは!? 
なお現在、扶桑社文庫の「昭和ミステリの秘宝 真珠郎」で読むことができる。
(2003/9/25初出[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。