告げ口心臓/米田三星

告げ口心臓/米田三星

米田三星、「新青年」昭和6年9月号掲載の短篇。
手紙形式で語られる本篇は、世界がグルリと展開する面白さを有している。盲目の友人が見た事から示されるに至った告げ口心臓、心臓は語ったのである。皮膚科権威の博士とある女に纏わる過去の秘密、それはあまりにも友人をも追いつめる恐るべき秘密。怨みは遙か次元を越えて、全ての事実を全面にさらけ出すというのだろうか!? それとも…。
なお現在、気軽に読める本は無いと思われる。数年前ならば角川ホラー文庫の新青年傑作選「ひとりで夜読むな」で読む事が可能だったが。
(2003/9/25初出[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード