スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間腸詰/夢野久作

人間腸詰/夢野久作

夢野久作、「新青年」昭和11年3月号発表の短篇。
腸詰はそうせいじと読む。世界が丸いお陰で腸詰になり損なった話である。舞台は桑港、フラフラと女につられて付いていった主人公は腸詰になりかかったのである。というのも、そこの一団、主人公に仕掛けある箱を制作せよ、と云うのだ。何も知らずに反抗する主人公だったが、何という危機だったか、何という恐怖。肉挽機械に落とされたら、もはや最後だったのだ。そして後日談も恐怖。
なお現在、ちくま文庫「夢野久作全集6」で読む事が可能だ。
(2003/9/25初出[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。