スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閉鎖を命ぜられた妖怪館/山本禾太郎

閉鎖を命ぜられた妖怪館/山本禾太郎

山本禾太郎、「新青年」昭和2年4月号掲載の短篇。
妖怪館を好む主人公は弁護士業。それが人の山を嫌い、夜一人で妖怪館に行くと、卒倒者が発生し、それが後に大いに関係して来るという展開。妖怪館は閉鎖の憂き目を見るが、その後、主人公、デパートからの身投者が通行人を圧殺するという事件に絡み、大いに苦しめられるが、恐るべき藁人形の呪いは、大いなる天啓となったのである。
なお現在、論創社「山本禾太郎探偵小説選(1)」で読める。
(2003/9/25初出[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。