スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍吐水の箱/山本禾太郎

龍吐水の箱/山本禾太郎

山本禾太郎、「新青年」昭和4年3月号発表。
囚人と看守による回想形式で面白い味な逸品。久山秀吉こと隼の秀は独房で更に目に余る乱暴者だったが、隣の独房に来たりし美しき囚人を境に従順になっていく。この犠牲的同性愛心理。そして誰にも優しき看守に対して巻き起る悪魔世界の猛烈な嫉妬。この嫉妬が龍吐水の箱で復讐を生みだしたのだ。しかしその奸計から看守は救われた。その意外性。隼の秀は完全なる敗北を喫したのだ。様々な秀要素が混じった一流の面白さ! 
なお現在、論創社「山本禾太郎探偵小説選(1)」で読める。
(2002/1/20初出[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。