窓/山本禾太郎

窓/山本禾太郎

山本禾太郎・懸賞当選の処女作で「新青年」大正15年6月号に載った。
複数の影が現れた後に残ったものは死体が一つだった。容疑者・関係者達の聴取書や被害者の鑑定書など様々な報告書から構成された実務に沿った特異とも言える探偵小説で、それらからデーターが拾われて解決に至るという物である。しかし恋愛も絡む様々な矛盾した供述や思惑などが噴出したために五里霧中に落ち込んだこの難事件も意外な窓の眼は逃れえなかったのであった。
なお現在、論創社「山本禾太郎探偵小説選(1)」で読める。
(2001/11/19初出[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード