スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇に呼ぶ声/水谷準

闇に呼ぶ声/水谷準

「朝日」昭和5年10月号から翌年2月号に連載された水谷準の中篇。北海道の片田舎の缶詰工場が不況で閉鎖され男は、宛が出来たこともあり東京へ行くことになった。男には恋人がいた。だからこその東京行きでもあった。しかし不幸が襲いかかり男は記憶を無くした。そして想い人に対する熱情までも忘れてしまった。不幸は続く。ある異常者に対する怨みも手伝い恐るべき復讐も考えた。世の中への復讐。しかし男は心の故郷を忘れていなかったのだ。ああ数奇な運命。破天荒な展開。何かよくわからない内に展開していく破綻さと必死さが生みだした物語の結末とはいかなるものか?
なお現在春陽文庫の「殺人狂想曲」で読むことが可能だ。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。