スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人狂想曲/水谷準

殺人狂想曲/水谷準

「朝日」昭和6年6~12月号に連載された水谷準の中篇で、ピエール・スーヴェストル&マルセル・アラン作の「ファントマ」を翻案したもの。まるで人を食ったような喜劇的な亜現実で、この狂想さえ受け入れれば、そこそこは読める。むろん単なるドタバタ劇としてではあり、最後こそこの喜劇のクライマックス。思う存分笑う所であり、本気で物語中の正気を疑ってしまうのだが。それと飜倒馬[ファントマ]の正体がわかりやすすぎるのもご愛敬の一つだろう。
なお現在春陽文庫の「殺人狂想曲」で読むことが可能となっている。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。