孤児/水谷準

孤児/水谷準

水谷準、「新青年」大正13年6月号掲載の短篇。みなしご、と読む。孤児院で兄弟のように仲良く周りからも言われて育った主人公たち二人。主人公である一方は問題児的だったが、弟適役割の方は穏やかで主人公の性質を善に導き社会に適応させていくと思われた。この二人、苦しい苦しい孤児院を出た後も二人で一軒家で生活していたのだが、主人公は、そこに嘗ての院長が弟と面談している所を聞いてしまい、頭脳に渦巻く自己中論理…が湧き起こってしまうのだ。
なお現在気軽に読める本がない。数年前ならば、ちくま文庫「水谷準集」で読めたのだが…
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード