スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空で唄う男の話/水谷準

空で唄う男の話/水谷準

水谷準、「新青年」昭和2年3月号掲載の短篇。空で唄う男は、綱渡り中に唄うという。ペーソス哀愁を感じさせる本篇だが、ふと喫茶店で出会った二人、ポスターに載っていたビルの間の偉業の綱渡りの宣伝、それがそのうちの一人、外国帰りの男だというのである。満足の得れる世界、刺戟ある世界を求めるのが、その男。さて空で唄う、その唄は如何なるものだったというのだろうか。そして手紙の示す内容はそれを示すのか!?
なお現在、創元推理文庫「名作集1」等で読める。
(2002/11/08初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。