スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胡桃園の青白き番人 /水谷準

胡桃園の青白き番人 /水谷準

水谷準、「新青年」昭和5年2月号掲載の短篇。フランス帰りの主人公は幼なじみもいる故郷へ帰った。その友人こそ胡桃園の主。幼き少年時代はこの二人に綾子という女の子三人を交えて遊んでいたものだった。そして胡桃園の主が感じた恋心…、しかし綾子は家の都合で唐突に姿を消し現代に至っていたのだ。そんな中主人公が帰りの客船で見た綾子の姿は、変調への第一歩、かくして番人はその役目を展開させずに済んだのである。何という美事なる浪漫の果てだったか!?
なお現在、創元推理文庫「名作集1」等で読める。
(2002/5/15初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。