百器徒然袋―雨/講談社ノベルス/京極夏彦

榎木津礼二郎活躍の中篇集。
「鳴釜 薔薇十字探偵の憂鬱」、「瓶長 薔薇十字探偵の鬱憤」、「山颪 薔薇十字探偵の憤慨」の三篇を収録。
長篇に比べると、どれもあっさりしているが、中禅寺やら関口やらのお馴染みの登場人物もしっかり己の役割で活躍??し、極めつけは榎木津のキチガイ振りが痛快すぎるのである。特に秀逸は「鳴釜」であり、愉快愉快であった。
(2001年7月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード