スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海豹島/久生十蘭

海豹島/久生十蘭

久生十蘭が「大陸」昭和14年2月号発表の短篇。
そこは絶海の孤島だ。海豹達の戦場だ。地獄の静寂と極寒だ。主人公が小屋に訪れてしまった事が、そして大自然の気紛れが予定の破綻を意味し、浄化の結果を招いてしまう。そこに住む男は悪夢のような爆発事故の生き残り。そして膃肭獣の雌をまさに狂気錯乱なまでにこよなく愛しているのである。呪詛渦巻く海豹島での何という犯罪だったことか、そして何という危険回避の奇怪なトリックだったか。畏怖すべきまでの真相だ。
なお現在、国書刊行会「定本 久生十蘭集(3)」等で読める。
(2001/11/21初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。