屍を食う男/葉山嘉樹

屍を食う男/葉山嘉樹

葉山嘉樹、「新青年」昭和2年4月号掲載の短篇。
何という凄惨さ、異常さ。屍を喰らうのである。その中学の寮、二人っきりの同部屋。主人公のパートナーは臆病そうな人間嫌い臭い男。しかしその男が深夜、主人公の寝息を窺って度々どこかへ姿を消すのだ。それに神経を減らされ、遂に尾行しようと思い立ったのが、悪夢の始まりであったのかも知れない。それは何という目撃だったか。しかもそれこそトラップ、餌に飛びついたのである。
以前は角川ホラー文庫の新青年傑作選「ひとりで夜読むな」で読む事が可能だったが現在は不明。
(2002/7/8初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード