スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士邸の怪事件/浜尾四郎

博士邸の怪事件/浜尾四郎

浜尾四郎の第一長篇で元は昭和6年にラジオドラマとして書かれた。それだけにセリフばかりで、会話だけで構成されてるに等しい。
藤枝真太郎初登場長篇でもある本篇、死亡推定時刻と実際証言が余りにも食い違うという奇々怪々な展開で、しかも容疑者達の証言は妙な所で一致しているのだ。まさに当局は惑乱するばかり。と、中途までは論理もそれなりに面白く、どういう解決をしてくれるものか、期待させるが、結末のヘンテコさにはガッカリしてしまうこの反動だ。
なお、現在春陽文庫「博士邸の怪事件」で読める。
(2002/1/28初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。