越後獅子/羽志主水

越後獅子/羽志主水

羽志主水、「新青年」大正15年12月号発表の短篇。
時計が正確な欧米とは異なり、時計が不正確という今では信じられない日本の現状だったが、ラジオの長唄「越後獅子」が決定項になったのである。火事が発生し、焼け跡から、手拭いで首が絞められた女の死体が出るという事件。しかも夫たる男とも頻繁に口喧嘩しており、加えて保険金までかけていたというのだ。こうまで揃って、疑われてしまうのだが、事件の真相とは如何なる物だったか。

論創社「戦前探偵小説四人集」で知ったが、それにしてもアリバイになった長唄が間違えているとは、これは作者が途中で気づけば、実に惜しいアリバイ崩し物になりえたのかもしれないと思うと、何となくもったいなく思ってしまうのはきっと現時点の感想だからだろう。

なお現在、光文社文庫「新青年傑作選」や論創社「戦前探偵小説四人集」等で読む事が可能である。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])





以下は新青年復刻版を読んだときの感想

「越後獅子」/羽志主水/9ページ

火事の跡から死体が一つ、しかしその死体にの首には手ぬぐいが巻き付いていた、という事件。推理的には面白いものもある。

掲載誌:新青年 大正十五年第十四号(十二月号)=一冊六十銭
(2001/1/18読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード